ニュース

成田に海外選手ら続々、チェコ代表「人生で最高の思い出に」…約1万人出国

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の閉幕から一夜明けた9日、海外の選手や関係者の出国が相次いだ。

五輪を終えて帰国するベルギーの選手ら(9日午前、成田空港で)=横山就平撮影
五輪を終えて帰国するベルギーの選手ら(9日午前、成田空港で)=横山就平撮影

 成田空港では早朝から、選手らがスーツケースを手に、搭乗カウンターの前で列を作った。陸上男子やり投げで銀メダルに輝いたチェコ代表のヤクブ・バドレイフ選手(30)は「コロナ禍でも親切な日本の人たちのおかげで、最高のコンディションで臨むことができた。人生で最高の思い出になった」と語った。

五輪を終えて帰国するベルギーの選手ら(9日午前、成田空港で)=横山就平撮影
五輪を終えて帰国するベルギーの選手ら(9日午前、成田空港で)=横山就平撮影

 羽田空港の保安検査場前では、ボランティアが「ARIGATO」と書いたカードを掲げて見送った。日本語で「また会いましょう」などと返す選手もいた。ボランティアを務めた会社員青山美和子さん(26)は「日本で過ごしたことが、すてきな思い出になったら」と話した。

 大会組織委員会によると、9日の出国者は約1万人。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2272296 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/09 19:04:00 2021/08/09 21:42:30 チェックインカウンターに並ぶベルギーの選手団ら(9日午前7時39分、成田空港で)=横山就平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210809-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース