ニュース

跳ぶ 東京から未来へ

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 勝者の陰に、敗者がいた。世界中から集ったトップアスリートたちの物語もあった。鍛錬を重ね、夢舞台に挑んだ選手たちが残した言葉からは、競技に注いだ情熱や誇り、未来にはせる思いが伝わってくる。

世界の希実になりたい 悔しい気持ち忘れない

橋岡優輝=関口寛人撮影
橋岡優輝=関口寛人撮影

  陸上男子走り幅跳びで6位に入賞した橋岡優輝(富士通) 「3年後のパリ五輪で金メダルを獲得することを目標に、それを実現するだけの力を付けていく」

  陸上女子1500メートルで8位入賞を果たした田中 希実のぞみ (豊田自動織機TC) 「和製ハッサン(中長距離第一人者のオランダ選手)ではなく、世界の希実になりたい」

  競泳女子400メートルメドレーリレー決勝で第3泳者を任された池江璃花子(ルネサンス) 「(白血病で)一度は諦めかけた東京五輪だったが、また決勝で泳ぐことができた。すごい幸せだなって思います」

  4位に終わったサッカー男子のMF久保建英(レアル・マドリード) 「手ぶらで自分の家に帰ることになる。今までずっとサッカーだけをやってきて、こんなに悔しいことってない。この気持ちを忘れずにいたい」

  競泳男子200メートル個人メドレー4位の瀬戸大也(TEAM DAIYA) 「出せる力は出し切れた。(ライバルの萩野)公介と泳げる喜びが力になった」

  体操男子種目別鉄棒で予選敗退した内村航平(ジョイカル) 「僕はもう主役じゃない。これだけやってきても失敗することがある。(体操は)面白さしかない」

全ての瞬間から経験を得た 私たちは人間だ

  競泳男子5冠のケーレブ・ドレッセル(米) 「ここでの時間に感謝する。全ての瞬間が良かったからではなく、全ての瞬間から経験を得たと感じたからだ」

  レスリング男子グレコローマン130キロ級4連覇のミハイン・ロペスヌニェス(キューバ) 「歴史を作ることができて誇りに思う。(パリ大会を目指すかについて)イエスともノーとも言いたくないが、ミハインは健在だ、と言っておく」

  陸上男子100メートル金メダルのラモントマルチェル・ヤコブス(イタリア) 「五輪で勝つなんて幼い頃の夢は普通、違う何かに変わる。でも今夜、それがかなった」

  バスケットボール男子で4連覇を果たした米国のケビン・デュラント 「この数週間、いろんなことを言われてきたが、みんなが一丸となって乗り越えた。このチームを誇りに思う」

  体操女子種目別平均台銅メダルのシモーン・バイルス(米) 「(心の健康上の理由で個人総合決勝などを棄権し)私たちは、ただの娯楽ではない。人間であり、舞台裏では様々なことが起き、スポーツ以外のこととも格闘している」

  テニス男子シングルス準決勝で敗れたノバク・ジョコビッチ(セルビア) 「ひどい気分だ。あしたは良くなっていることを願う」

  柔道男子100キロ超級で3連覇を逃し、銅メダルに終わったテディ・リネール(仏) 「全てのアスリートは人生で一度はメダルを手にしたいと思うもの。銅でもうれしい」

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2272880 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/10 05:00:00 2021/08/10 05:00:00 陸上男子走り幅跳びで6位になった橋岡優輝(2日、国立競技場で)=関口寛人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210809-OYT1I50102-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「競泳」のニュース

オリンピック 新着ニュース