ニュース

河村市長がかんだ金メダル、新しい物に交換へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 名古屋市の河村たかし市長(72)が東京五輪ソフトボール日本代表の後藤 希友みう 選手(20)の金メダルをかんだ問題で、かまれたメダルが新しい物に交換される方向になったことが、関係者への取材で分かった。

後藤投手(右)から首にかけてもらった金メダルを手にする河村市長。この直前に金メダルをかんだ(4日、名古屋市役所で)
後藤投手(右)から首にかけてもらった金メダルを手にする河村市長。この直前に金メダルをかんだ(4日、名古屋市役所で)

 関係者によると、後藤選手は交換を希望していなかったが、所属先のトヨタ自動車が文書で「不適切かつあるまじき行為」とコメントするなど批判が高まり、交換に同意したという。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2278998 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/12 10:31:00 2021/08/12 12:05:12 後藤投手(右)の金メダルを河村市長がかじり、一時騒然に(8月4日、名古屋市役所で)=木村優里撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210812-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

「ソフトボール」のニュース

オリンピック 新着ニュース