ニュース

桃田賢斗、東京五輪では「視野が狭くなっていた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1次リーグ敗退に終わった東京五輪後、初の海外遠征に臨むバドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)が21日、羽田空港で取材に応じ、「しっかり切り替えて、ゼロから、真っさらな状態から、また一つずつ積み上げていきたい」と意気込みを語った。

東京五輪後初の海外遠征への意気込みを語る桃田賢斗(21日、羽田空港で)
東京五輪後初の海外遠征への意気込みを語る桃田賢斗(21日、羽田空港で)

 金メダル獲得の目標を達成できなかった五輪について、「やらなきゃ、という気持ちが強すぎて、視野が狭くなっていた」と振り返った桃田。遠征では4大会に出場予定で、男女混合で争う国・地域別対抗戦のスディルマン杯では日本代表の主将を務める。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2382882 0 東京オリンピック2020速報 2021/09/21 11:25:00 2021/09/21 13:12:32 東京五輪後初の海外遠征への意気込みを語る桃田賢斗(21日、羽田空港で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/09/20210921-OYT1I50065-T-e1632197548109.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「バドミントン」のニュース

オリンピック 新着ニュース