ニュース

五輪「金」入江聖奈選手、嫌いな食べ物は「つぶあん」…軽妙トーク・子どものパンチも受ける

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪ボクシング女子フェザー級金メダリストで、鳥取県米子市出身の入江聖奈選手(21)(日体大)が27日夜、市中心部の角盤町商店街で開かれた「地ビールフェスタ」にゲスト出演し、トークショーやボクシングの実演で会場を沸かせた。

子どものパンチをミットで受ける入江選手(米子市で)
子どものパンチをミットで受ける入江選手(米子市で)

 トークショーは事前に寄せられた質問に答える形式。入江選手はカエル好きで知られ、その理由を「高校の時の仲の良い友達が両生類が好きで、見事に影響された」と明かし、嫌いな食べ物は「つぶあん。こしあんはいけるけど、つぶあんはだめ」と気さくに答えた。この後、ミットを手にし、希望した子どもらのパンチを受けて「いいねえ」などと励ました。

 入江選手は母校の中学校での教育実習のため帰省している。報道陣の取材に「ミット打ちで子どもたちとふれ合えた」と交流を喜んだ。11月の全日本選手権が現役最後の試合となる予定で「(その後は)大学院に進学してカエルを研究したい」と笑顔で話した。

スクラップは会員限定です

使い方
3040167 0 東京オリンピック 2022/05/29 18:29:00 2022/05/29 18:29:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220529-OYT1I50017-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ボクシング」のニュース

オリンピック 新着ニュース