ニュース

五輪公式記録映画、選手中心の「SIDE:A」公開…「泥臭い部分をリアルに」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の公式記録映画「東京2020オリンピック SIDE:A」が3日、公開された。東京五輪に関わる人々を、河瀬直美総監督(53)が750日、5000時間にわたって撮影し、選手を中心に据えた「SIDE:A」と、市民に焦点を当てた「SIDE:B」(24日公開)の2部作にまとめた。

全国の映画館で「東京2020オリンピックSIDE:A」の上映が始まった(3日、TOHOシネマズ新宿)
全国の映画館で「東京2020オリンピックSIDE:A」の上映が始まった(3日、TOHOシネマズ新宿)

 東京都新宿区のTOHOシネマズ新宿にも、公開を待ちわびた観客が訪れた。初回上映を見た都内の主婦、西垣俊子さん(50)は「五輪当時のことを思い出した。選手たちの息づかいや競技会場の様々な音が伝わってきた。感動させようとするのではなく、選手の泥臭い部分をリアルに描いていて良かった」と話していた。

関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
3054229 0 東京オリンピック 2022/06/03 18:22:00 2022/06/03 19:50:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220603-OYT1I50146-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「東京都」のニュース

オリンピック 新着ニュース