文字サイズ
    2020先読み東京五輪

    東京オリンピック 大会マスコットが決定~2020年へ夢が満開 

    • 五輪マスコット「ミライトワ」とパラマスコット「ソメイティ」
      五輪マスコット「ミライトワ」とパラマスコット「ソメイティ」

     2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会は7月22日、大会マスコットの名前を発表した。藍色の市松模様が特徴の五輪マスコットは「ミライトワ」、パラマスコットは桜をイメージした「ソメイティ」と名付けられた。

     今後、東京大会の大使として様々なイベントに登場し、盛り上げ役を担う。

     大会組織委員会によると、ミライトワには「素晴らしい未来を永遠(とわ)に」という願いが込められた。ソメイティは桜のソメイヨシノと、英語で「非常に力強い」という意味の「so mighty(ソー マイティー)」に由来している。

     マスコットのデザインは、全国の小学生による投票で2018年2月に決定。名前は長野五輪のマスコットの名前も考案したネーミング専門会社が、五輪とパラの各30案を提案。組織委の審査会が絞り込み、国際オリンピック委員会(IOC)の商標調査を経て決定した。

    2018年09月21日 14時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP