会場情報

霞ケ関カンツリー倶楽部

霞ケ関カンツリー倶楽部
霞ケ関カンツリー倶楽部 [時事(Tokyo2020提供)]

アクセス(公共交通機関)

  • JR川越線「笠幡駅」徒歩15分

会場概要

90年の伝統を持つ会員制のプライベートゴルフ場。東西2コース36ホールから成り、五輪は東コースを使用する。1957年には国内初の国際大会、カナダカップ(現ワールドカップ)の会場となり、日本チームが優勝、ゴルフブームのきっかけとなった。日本オープンなど多くの大会を開催している。2017年に女性の正会員を認めた。

大会時収容人数
25000人
開場・完成年
1929年
建設費
約29.9億円
設計者
藤田欽哉、赤星四郎、チャールズ・アリソン、井上誠一氏
所在地
埼玉県川越市笠幡3398

オリンピック 新着ニュース

パラリンピック 新着ニュース