読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

紀平梨花、世界フィギュア7位…調整ミスからトリプルアクセルで転倒

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 フィギュアスケートの世界選手権は26日、ストックホルムで行われ、女子フリーはアンナ・シェルバコワが初優勝し、2位のエリザベータ・トゥクタミシェワ、3位のアレクサンドラ・トルソワとともに、ロシア勢が表彰台を独占した。SP2位の紀平梨花(トヨタ自動車)はフリーで9位に沈み、7位に終わった。

トリプルアクセルで転倒

7位に終わった紀平=若杉和希撮影
7位に終わった紀平=若杉和希撮影

 紀平は得意のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒するなど精彩を欠いた。夜間の演技に体の状態を合わせられなかった調整ミスといい、「本当に申し訳ない」とうつむいた。

 強敵のロシア勢はおろか、シニアでは敗れたことのなかった選手にも上に立たれ、「まだまだ足りないと言われたと思って、何もかも追い込まないといけない」。この悔しさを糧にするしかない。

シェルバコワ新女王
 シェルバコワの強さが際立った。冒頭の4回転フリップで転倒したが、「ここからが本当の戦い。最善を尽くしてポイントを減らさないようにしよう」と、4回転を封印して勝負に徹し、その後は連続技も含めて全てのジャンプを成功させた。28日が17歳の誕生日の新女王は、「まだ満足していない」と、来年の北京五輪に向け更なる成長を誓う。
無断転載・複製を禁じます
1948509 0 北京2022冬季オリンピック 2021/03/28 05:00:00 2021/03/30 15:42:50 フィギュアスケート世界選手権 女子フリーで演技する紀平梨花(26日、ストックホルムで)=若杉和希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/03/20210330-OYT8I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)