読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ギリシャで北京冬季五輪の聖火採火式…チベット旗を掲げた3人組が叫び声を上げ会場侵入

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ローマ=笹子美奈子】来年2月に開幕する北京冬季五輪に向け、五輪発祥の地・ギリシャ西部オリンピアで18日、聖火の採火式が行われた。聖火は20日に北京に到着する予定。

 快晴の下、古代遺跡で 巫女みこ 姿の女性たちが鏡に太陽光を集めて火をおこし、トーチに採火された。新型コロナウイルスの影響でギリシャ国内のリレーは短縮され、19日にアテネで北京の関係者に引き継がれる。式典は無観客となる。

 一方、ギリシャ紙カシメリニ(電子版)によると、式の最中、チベットの旗を掲げた3人組が叫び声を上げて会場に侵入し、取り押さえられる騒動があった。式前にも抗議活動を行った4人が警察に拘束され、17日にはアテネで、チベットと香港出身の人権活動家とみられる3人が拘束された。

 北京五輪を巡っては、米欧諸国が少数民族ウイグル族に対する中国政府の人権侵害を理由に、政府代表団の派遣を見送る「外交的ボイコット」を検討している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2452558 0 北京2022冬季オリンピック 2021/10/18 18:56:00 2021/10/18 23:37:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)