ニュース

モーグル「銅」の堀島行真「寝ることもなく、ずっとメッセージ見ていた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男子モーグルで銅メダル、フラワーセレモニーに臨む堀島行真(5日、張家口・雲頂スノーパークで)=早坂洋祐撮影
男子モーグルで銅メダル、フラワーセレモニーに臨む堀島行真(5日、張家口・雲頂スノーパークで)=早坂洋祐撮影

 北京オリンピックのフリースタイルスキー男子モーグルで今大会の日本勢第1号のメダルとなる銅メダルを獲得した堀島行真(トヨタ自動車)が一夜明けた6日、張家口メディアセンターで記者会見を開き、「すごくうれしいという気持ちと、安心して次の4年を頑張れるという気持ちが強い」と心境を語った。

 昨夜は日付が変わる頃に宿舎に戻ったそう。そこから携帯電話を見ると「たくさんの方からメッセージをいただいていた。寝ることもなく、ずっとメッセージを見ていた」と言う。睡眠時間は「1、2時間ぐらいだったがよく寝られた」と言い「インタビューを含め、すごく楽しい時間になっています」と話した。

フリースタイルスキー男子モーグルで銅メダルを獲得、日の丸を手に喜ぶ堀島行真(5日、雲頂スノーパークで)=早坂洋祐撮影
フリースタイルスキー男子モーグルで銅メダルを獲得、日の丸を手に喜ぶ堀島行真(5日、雲頂スノーパークで)=早坂洋祐撮影

 今回同様、メダル候補として臨んだ前回 平昌ピョンチャン 大会は、決勝2回目で敗退。つらい4年間を過ごしたそうだが、今回は「ここぞというところで結果を出す力(がついた)。結果は天気のようなもの(でどう変わるか分からない)。ただ、そこに向かう準備はできる。その準備が、明確にできた。そこが4年前と違う」と語った。

 今後の目標として、「僕の理想としては、全て(エア、ターン、速さ)で一番になりたい。それでゴールドメダルが手に入ればそんなうれしいことはない。ただ、東京オリンピックを見ても、パーソナルベストとかワールドレコードとかで勝っている選手はいない。そういうことを経てから、自分の理想を勝ち取っていきたい。金のためには何が必要かを考える」と4年後の五輪では、明確に金メダルを目指す考えを示した。

 そのために、エアの難易度を上げることや速さに加え「ターンもあと(満点の)60点まで、あと10点ぐらいある。突き詰めていきたい」と得意のターンをさらに磨くことを明言した。

 モーグルの日本男子勢として2大会連続でメダルを獲得したことについては、「(前回銅の原大智含め)僕ら2人が引っ張っていけば強くなれる。これから先の男子モーグルも期待してほしい」と頼もしかった。

北京オリンピック 日程・結果へ
スクラップは会員限定です

使い方
2736558 0 北京オリンピック2022 2022/02/06 11:49:00 2022/02/06 16:44:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220206-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「フリースタイルスキー」のニュース

オリンピック 新着ニュース