ニュース

鍵山優真を「銀」に導いた父は日本人初の「4回転」挑戦者…並んで喜ぶ姿に「そっくり」の声

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北京オリンピックのフィギュアスケート男子は10日、鍵山優真(18)(オリエンタルバイオ)が銀メダルに輝いた。SNSでは鍵山の快挙を祝う一方で、父でコーチの正和さんにも注目が集まった。

高得点にガッツポーズする鍵山優真(右)と父の正和さん(10日)
高得点にガッツポーズする鍵山優真(右)と父の正和さん(10日)

 正和さんは、伊藤みどりさんが日本フィギュア界に初めてメダルをもたらした1992年アルベールビル五輪と1994年リレハンメル五輪に2大会連続で出場した、フィギュアスケート男子シングルの元日本代表。日本人で初めて4回転ジャンプに挑んだ選手としても知られている。しかし、五輪のメダルを獲得したことはなく、1994年3月に世界フィギュア選手権で6位入賞したのを最後に、23歳で競技を引退。プロスケーターとして活動をしていた。

アルベールビル五輪フィギュアスケート男子に出場した正和さん(1992年)
アルベールビル五輪フィギュアスケート男子に出場した正和さん(1992年)

 正和さんは、鍵山のジュニア時代からコーチを務め、ジュニアの大会では数多く表彰台へと導いてきた。今大会は、選手としてたどりつけなかった表彰台に28年越しに鍵山を導いた。鍵山がシニアに本格転向したばかりの2020年11月に行われたグランプリシリーズのNHK杯では、「常にチャレンジャーだ」と声をかけて、鍵山のシリーズ初出場での初優勝に導いた。常に挑戦する姿勢を求めたことが鍵山を強くし、その躍進を支えた。

 ツイッターではキス・アンド・クライなどで鍵山とともに得点を待つ正和さんにも注目が集まった。父子で高得点を喜ぶ姿に、「目元とかホントそっくり」「父の夢を追いかけて……すごい結果を出しました」「点数出た瞬間コーチの顔から父の顔になって本当に嬉しそうでグッときました」と感動が広がった。

北京オリンピック 日程・結果へ
スクラップは会員限定です

使い方
2749872 0 北京オリンピック2022 2022/02/10 17:31:00 2022/02/10 18:08:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220210-OYT1I50162-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「フィギュアスケート」のニュース

オリンピック 新着ニュース