ニュース

ウクライナ選手、競技中にテレビカメラの前で「NO WAR」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ウクライナを巡る緊張が高まる中、北京冬季五輪スケルトン男子に出場したウクライナのウラジスラフ・ヘラスケビッチ選手が11日の競技中、戦争に反対するメッセージを競技中継用のテレビカメラに示した。ロイター通信などが伝えた。

11日、北京で、スケルトン男子の競技中に平和を訴えるメッセージを掲げたウクライナのウラジスラフ・ヘラスケビッチ選手(AP)
11日、北京で、スケルトン男子の競技中に平和を訴えるメッセージを掲げたウクライナのウラジスラフ・ヘラスケビッチ選手(AP)

 ヘラスケビッチ選手は3回目の滑走後、「NO WAR IN UKRAINE(ウクライナに戦争はいらない)」と記した紙をカメラの前で掲げた。

 政治的宣伝は五輪憲章に抵触する可能性もあるが、競技終了後、「普通の人と同じように戦争を望まないのが自身の考えだ。平和のために戦う」と祖国への思いを語った。

北京オリンピック 日程・結果へ
ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2753180 0 北京オリンピック2022 2022/02/12 10:34:00 2022/02/21 11:38:37 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220212-OYT1I50053-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「スケルトン」のニュース

オリンピック 新着ニュース