ニュース

オリンピック公式ツイッターが「大喜利」連発、「中の人」も更新疲れ?

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北京オリンピックも後半に入り、オリンピックの公式ツイッターアカウント(@Olympics)が「大喜利」投稿を始めている。「中の人」の更新作業の過酷さものぞくユニークな内容で注目だ。(デジタル編集部 古和康行)

 オリンピックの公式ツイッターのフォロワーは650万。オリンピックの名場面や選手のエピソードを紹介し、大会を盛り上げている。

雪上に横たわる選手に疲労具合を重ねた(ツイッターから)
雪上に横たわる選手に疲労具合を重ねた(ツイッターから)

 写真に短文でジョークをつづった「大喜利」を思わせるユーモラスな投稿も目立つ。たとえば、2月11日の投稿には、「オリンピアン:文字通り、15キロの雪上を走った。いくつかツイートを投稿した私:」という短文にゴールで力尽きて雪上に倒れる選手の写真を添え、日々のツイートの苦労をユーモラスに表した。

驚いたような表情を浮かべる選手の写真には各ユーザーからの「大喜利」が寄せられる事態に(ツイッターから)
驚いたような表情を浮かべる選手の写真には各ユーザーからの「大喜利」が寄せられる事態に(ツイッターから)

 さらにこの日は、「午前7時の私:1度起き上がり、スヌーズボタンを押す 午前11時半の私:」とつづり、雪上で驚いたような顔をして横たわる選手の写真をツイート。スヌーズボタンは、目覚ましのアラームを一度切っても再び鳴り始める機能で、朝起きることの辛さは世界共通のようだ。

 この投稿には2024年の夏季パリ大会の公式ツイッターアカウントも反応。女性の驚いた顔になぞらえて、2026年冬季ミラノ大会の公式ツイッターアカウントにメンションした上で、「カルボナーラにクリームを入れたときの顔」と投稿。スパゲティの本場・イタリアではカルボナーラにクリームを入れないということに触れた「ヨーロッパ・ジョーク」を披露している。

 ちなみに、オリンピックのSNS発信は、IOCによってガイドラインが決められており、選手らが個人アカウントで写真をシェアすることはできるが、競技風景やドーピング検査などの様子を写すことや、特定の企業のプロモーションのための投稿などは禁じられている。

北京オリンピック 日程・結果へ
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2756135 0 北京オリンピック2022 2022/02/13 17:10:00 2022/02/13 17:41:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220213-OYT1I50092-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「IOC」のニュース

オリンピック 新着ニュース