ニュース

まさかの失格・棄権・惨敗…新種目は誤算続き、メダルゼロ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北京オリンピックで日本は順調にメダル数を伸ばし15日に前回平昌大会の13個を上回り史上最多の14個になった。一方、新種目に限れば、過去2大会は連続でメダルを獲得していたが今大会はゼロ。誤算が相次いだ。(読売新聞オンライン)

 過去2大会に出た新種目のメダルは、ともに日本勢の最後を飾った。2014年ソチ大会ではフリースタイルスキー女子ハーフパイプで小野塚 彩那あやな が銅メダルを獲得、日本のメダルは8個となり、1992年アルベールビル大会を抜き2番目(当時)に。平昌大会ではスピードスケート女子マススタートで、高木菜那が女子団体追い抜きに続き金メダルに輝き、日本女子では夏冬通じて初の1大会複数「金」という偉業を達成した。

スキージャンプ混合団体で日本はメダルに届かず、高梨沙羅(右)を支える小林陵侑(7日)
スキージャンプ混合団体で日本はメダルに届かず、高梨沙羅(右)を支える小林陵侑(7日)

 7つの新種目が行われた今回の北京大会で、最も注目を集めたのは7日のスキージャンプ混合団体だろう。

 1回目、高梨沙羅(25)(クラレ)は103メートルを飛んだが、スーツの規定違反でまさかの失格。日本は、男女4選手が1回ずつ飛び終わった時点で8位だった。高梨は別のスーツで2回目を飛び、着地後もショックを隠しきれなかったが、6日の男子個人ノーマルヒルで日本ジャンプ陣に24年ぶりの金メダルをもたらした小林陵侑(25)(土屋ホーム)が大ジャンプを披露するなど日本は2回目の合計点だけで見れば優勝したスロベニアに次ぐ2位と猛追、最終的に4位まで巻き返した。

 高梨のほかにも、女子で銀メダルだったカタリナ・アルトハウス(25)(ドイツ)ら強豪3か国の女子4選手が失格になり、オーストリアは5位、ノルウェーは8位、ドイツは2回目に進めず。各チームから困惑の声が上がり、大きな波紋を呼んだ。

1

2

北京オリンピック 日程・結果へ
スクラップは会員限定です

使い方
2765050 0 北京オリンピック2022 2022/02/16 17:31:00 2022/03/01 20:03:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220216-OYT1I50129-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「フィギュアスケート」のニュース

オリンピック 新着ニュース