ニュース

中国・谷2冠…ハーフパイプ フリースタイル女子

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 女子決勝が18日に行われ、18歳の谷愛凌(中国)が95・25点で制してビッグエアの金メダルに続く2冠を達成。スロープスタイルの銀を含めて今大会三つ目のメダルを手にした。

圧倒的高さ

フリースタイル女子ハーフパイプで金メダルを獲得した中国の谷愛凌=早坂洋祐撮影
フリースタイル女子ハーフパイプで金メダルを獲得した中国の谷愛凌=早坂洋祐撮影

 地元の期待を背負って臨んだハーフパイプでも金メダル。ビッグエアとの2冠を達成した谷愛凌は、「本当に、本当にうれしい。この大会は私の人生を変えた」と喜びをかみしめた。

 昨年の世界選手権で優勝した得意種目。3回のランの最高得点で競う決勝を前に、重圧も感じたという。スタート前に毎回、「私は世界最高の選手」と自らに言い聞かせ、他を圧倒する高さのジャンプから高難度の技を決めた。2回目にこの日最高の95・25点をマーク。前回 平昌ピョンチャン 大会を制したキャシー・シャープ(カナダ)を抑えて優勝した。

 生まれ育った米国ではモデルとしても活躍し、名門スタンフォード大への進学も決まっている。多忙な中、「ファッション誌の撮影後にジムで汗を流し、夏は毎週、ハーフマラソンを走った」という努力が実った。母の故郷・中国の国籍を取得して臨んだ五輪で活躍し、「私のスポーツへの情熱を通じて若い女性に刺激を与えられたら」。ファンを魅了した18歳の「スノープリンセス」が有終の美を飾った。(川瀬大介)

北京オリンピック 日程・結果へ
スクラップは会員限定です

使い方
2773183 0 北京オリンピック2022 2022/02/19 05:00:00 2022/02/19 05:26:30 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220219-OYT1I50016-T-e1645215986479.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「フリースタイルスキー」のニュース

オリンピック 新着ニュース