ニュース

高梨沙羅・平野歩夢・羽生結弦…読売新聞オンライン「よく読まれた記事トップ10」で振り返る北京オリンピック

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 4日に開幕し熱戦を展開してきた北京オリンピックも20日で閉幕。読売新聞オンラインで18日までにアクセスの多かった上位10本の記事を調べて、今大会を振り返ってみた。

 1位は意外にも競技の結果を伝えるニュース速報ではなく、いわゆる話題ものの一つ「 モーグル選手の8割が使用するスキー板、作ったのは社員4人の大阪のメーカーだった 」。開幕前夜に行われたフリースタイルスキー男女モーグル予選を受け、国内にあるスキー板のメーカーにリモート取材し、5日朝に配信した記事だった。その夜にはモーグル男子のエース、堀島行真(24)(トヨタ自動車)が予選16位から巻き返し、今大会の日本勢第1号メダルとなる「銅」を獲得したこともあり、関連記事として関心を集めたようだ。

日本勢第1号メダルを獲得した堀島行真
日本勢第1号メダルを獲得した堀島行真

 2位は「 大混戦カーリング女子、現在3位の日本は準決勝に進めるか 」。16日午前の他国の試合結果を踏まえ、夜のアメリカ戦を展望した記事だ。日本代表(ロコ・ソラーレ)は14日の韓国戦と15日のイギリス戦に連敗し、当時4勝3敗。1次リーグ敗退で終わるのではと心配する人が多かったのだろう。

 その後、アメリカ戦に勝利し、スイスに敗れて4強入り。さらに、準決勝でスイスに雪辱して銀メダル以上が確定(本稿執筆19日時点)と、劇的な展開が続き、やはり関連記事としてよく読まれたようだ。

1

2

3

4

北京オリンピック 日程・結果へ
スクラップは会員限定です

使い方
2774955 0 北京オリンピック2022 2022/02/19 20:33:00 2022/02/19 20:59:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220219-OYT1I50130-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「フィギュアスケート」のニュース

オリンピック 新着ニュース