ニュース

「最後は心で滑った」「僕が魔物だったかもしれない」「とったよー」…選手が残した様々な言葉

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本が獲得したメダルは金3個、銀6個、銅9個の計18個で、過去最多だった前回大会を5個上回った。4年に1度の大舞台で輝いた選手たちは、雄姿とともに様々な言葉を残した。

閉会式のフィナーレで打ち上げられた花火(20日)=横山就平撮影
閉会式のフィナーレで打ち上げられた花火(20日)=横山就平撮影

 大会初のメダルをもたらしたのは、フリースタイルスキー男子モーグルで3位になった堀島 行真いくま 選手(24)。「最後は点数とか関係なく、心で滑った。見ている人に伝わる滑りができた」。前回大会11位の雪辱を果たし、誇らしげに語った。

 大きな重圧がかかる五輪には「魔物がいる」と言われる。だが、スキージャンプ男子個人ノーマルヒルで優勝した小林陵侑選手(25)には無縁だった。「僕が魔物だったかもしれない」。さらりと言ってのけ、ラージヒルでも2位になった。

 スピードスケート女子の高木美帆選手(27)は、5種目に出場。銀メダル3個を獲得して迎えた最終種目の1000メートルで、ついに頂点に立った。「最後に全てを出し切れた。もし金メダルを取れなくても、悔いはないと思えるレースができたことがうれしい」と最高の笑顔を見せた。

 半年前、スケートボードで東京五輪に出た平野歩夢選手(23)は、スノーボード男子ハーフパイプで最高難度の技を決めて優勝。「小さい頃の夢がかなった」と喜びつつ、「新たな道がゼロからスタートする」と語り、さらなる飛躍を誓った。

 「表彰台に上がった時は、『とったよー』という気持ちだった。メダル最高だな」。初々しいコメントを残したのは、スノーボード女子ビッグエアで3位になり、冬季五輪の日本女子最年少でメダルを獲得した高校2年の村瀬 心椛ここも 選手(17)だ。

 2大会連続銀メダルで、金を目指していたノルディックスキー複合の渡部 暁斗あきと 選手(33)は、個人ラージヒルで3位になって言った。「山頂にはたどり着けなかったけど、色んな角度から山を見られて、すごくいい時間を過ごせた」

北京オリンピック 日程・結果へ
スクラップは会員限定です

使い方
2777449 0 北京オリンピック2022 2022/02/20 23:01:00 2022/02/20 23:06:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220220-OYT1I50123-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「スピードスケート」のニュース

オリンピック 新着ニュース