ニュース

「最強だと実証」選手の奮闘称賛…伊東団長

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本選手団は20日、伊東秀仁団長らが総括記者会見を行い、「ベテランと若手が融合し、最強のチームジャパンだと実証した」と選手の奮闘をたたえた。日本は冬季五輪最多となる計18個(金3、銀6、銅9)のメダルを獲得。伊東団長は躍進の要因について、昨夏行われた東京五輪での日本勢の活躍や今大会序盤のメダルラッシュで勢いがついたことなどを挙げた。

 また、フィギュアスケート団体で1位となったロシア・オリンピック委員会(ROC)を巡るドーピング疑惑で、3位に入った日本のメダルが授与されなかったことに、伊東団長は「非常に残念。日本に後日メダルが送られてきたら、選手にメダルをかけてあげる場を作りたい」との考えを明らかにした。

 原田雅彦総監督は「日本に明るいニュースを伝えられた。胸を張って日本に帰りたい」と話した。(永井順子)

北京オリンピック 日程・結果へ
スクラップは会員限定です

使い方
2777629 0 北京オリンピック2022 2022/02/21 05:00:00 2022/02/21 05:00:00

「フィギュアスケート」のニュース

オリンピック 新着ニュース