ニュース

北京五輪出場・堀川選手、所属予定の「日本電産サンキョー」スケート部が廃部…関係者「なぜ勧誘した」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北京五輪のスピードスケート女子5000メートルで自己新の7分6秒92で10位となった堀川桃香選手(18)が1日、白樺学園高(北海道芽室町)の卒業式に出席し、五輪出場をたたえ「栄誉賞」を授与された。堀川選手は卒業後、日本電産サンキョー入りが決まっていたが、同社が同日、スケート部の今月限りの廃部を発表したため、新たな所属先を探すことになる。

卒業式に出席し、栄誉賞と卒業証書を披露する堀川桃香選手(芽室町で)
卒業式に出席し、栄誉賞と卒業証書を披露する堀川桃香選手(芽室町で)

 帰国後の隔離が終わり、同日朝に戻ってきた堀川選手は「みんなと一緒に卒業できて、とてもうれしい」と笑顔で話した。世界のトップ選手と戦った経験を「4年あれば、自分でも行けるのではないか。もっと本気になって頑張りたい」と振り返り、「メダルを取って、支えてくれた人たちに恩返しをしたい」と次の五輪への意欲を語った。

 卒業後は「スケートに集中できる環境がある」とも話していたが、予定していた所属先の廃部発表。同高関係者は「廃部になるとわかっていたなら、どうして勧誘したのか」「進路は変更ということになる」と戸惑いを隠せなかった。

北京オリンピック 日程・結果へ
スクラップは会員限定です

使い方
2801483 0 北京オリンピック2022 2022/03/02 08:09:00 2022/03/02 08:19:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220302-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「スピードスケート」のニュース

オリンピック 新着ニュース