ニュース

藤沢五月選手「今後も愛されるチーム作りを」…ロコ・ソラーレに「市民特別栄誉賞」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北京五輪カーリング女子で銀メダルに輝いたロコ・ソラーレが11日、拠点としている北海道北見市の辻直孝市長を訪問し、その席で辻市長から「市民特別栄誉賞」を贈られた。

辻市長と記念写真に納まるロコ・ソラーレの選手たち(代表撮影)
辻市長と記念写真に納まるロコ・ソラーレの選手たち(代表撮影)

 同賞は、ロコ・ソラーレが 平昌ピョンチャン 五輪で銅メダルを獲得したことを機に新設された。ロコ・ソラーレの受賞は2回目。

 市役所には、藤沢五月選手(30)ら5選手とコーチらが訪問。藤沢選手は「決勝で負けて悔しい思いはあるが、この4年間、北見市を始め、多くの方の支援をいただいたおかげで銀メダルが勝ち取れた。今後も北見市の皆さんに愛されるチームを目指していく」と感謝を表した。辻市長は「素晴らしい結果、快挙に、大きな感動と勇気、元気をいただいた」とねぎらった。

 その後の記者会見で、吉田夕梨花選手(28)は「北見に帰ってきて、ようやくほっとできる場所に帰ってきた安心感があった」、鈴木夕湖選手(30)は「北見の方々は自分の子ども、孫のように応援してくれて、うれしかった」と語った。4月にカナダで国際大会、5月に日本選手権が控えており、吉田知那美選手(30)は「五輪決勝の悔しさを晴らす場がもう一度ある」と次に目を向けていた。

北京オリンピック 日程・結果へ
スクラップは会員限定です

使い方
2830182 0 北京オリンピック2022 2022/03/12 06:37:00 2022/03/12 06:37:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220312-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「カーリング」のニュース

オリンピック 新着ニュース