ニュース

平野歩夢「4年後」へ意欲…自分だけの技「挑戦したい」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

日本記者クラブでの記者会見で、北京五輪の金メダルを振り返る平野歩夢
日本記者クラブでの記者会見で、北京五輪の金メダルを振り返る平野歩夢

 北京五輪のスノーボード男子ハーフパイプで金メダルを獲得した平野歩夢(TOKIOインカラミ)が18日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見に臨んだ。「いろいろな人から感動したという言葉をいただき、改めて(金メダルを)実感し始めている」と語り、4年後の冬季五輪に向けた意欲も口にした。

北京五輪V「大事なのは過程」

 銀メダルを手にした2018年平昌五輪後にスケートボードとの「二刀流」に挑戦。昨夏の東京五輪を経て出場した北京大会では、大技の「トリプルコーク1440」(縦3回転、横4回転)を決めるなどブランクを感じさせない演技で頂点に立った。

 「(トリプルコーク1440は)4年ぐらい前からイメージしていた。やらなければ目指すところにたどり着けないという思いと、東京(五輪)後で(準備)期間が短いというリスクの間で葛藤があった」。練習を重ね、決勝では、2位で迎えた最終滑走の3回目にこの技を含む演技の完成度を上げて逆転に成功。「他の人が味わえない経験(の力)を信じている。それが、最後の最後、重圧を感じる場面で自信につながった」と振り返る。

 五輪で頂点に立つことが夢だったが、大会前は「金メダル」という言葉をあえて口にしなかった。「大事なのは、そこを目指すまでの過程やたどり着くためのやり方。そこから(結果が)ついてくるものであれば一番いいという理想があった」

 自分にしかできないものにこだわり、「新しい技に挑戦したい。次の冬の五輪もチャレンジしていきたい」と平野。「(スケートボードにも取り組み)4年間で違う経験をして成長できている実感がある。また新たな挑戦に踏み出したいという気持ちはある」と、新分野へのチャレンジにも意欲を見せた。(矢萩雅人)

 銀メダルを手にした2018年平昌五輪後にスケートボードとの「二刀流」に挑戦。昨夏の東京五輪を経て出場した北京大会では、大技の「トリプルコーク1440」(縦3回転、横4回転)を決めるなどブランクを感じさせない演技で頂点に立った。

◆岸田首相らに帰国報告

 北京冬季五輪・パラリンピックで活躍した日本選手団のメダリストらが18日、岸田首相や末松文部科学相に帰国を報告した。平野歩夢やパラのアルペンスキー女子で金3個、銀1個を獲得した村岡桃佳(トヨタ自動車)らがメダルを披露。村岡は「同じような障害を持っている子供たちに、勇気や希望を届けられていたらうれしい」と話した。

北京オリンピック 日程・結果へ
スクラップは会員限定です

使い方
2848498 0 北京オリンピック2022 2022/03/19 05:00:00 2022/03/19 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220318-OYT1I50191-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「アルペンスキー」のニュース

オリンピック 新着ニュース