フリースタイルスキー

北京オリンピック・フリースタイルスキーに関する最新ニュースをお伝えします。競技日程・結果、ルール、注目選手も紹介します。

フリースタイルスキー 日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日

フリースタイルスキー 競技紹介

 アルペンスキーがスピードを競うのに対し、フリースタイルスキーは基本的にターン、エアなどの技術を競う。スキー用具の進化とともに、競技として発展した。五輪では1992年アルベールビル大会から正式種目となり、日本は98年の第18回長野大会女子モーグルで里谷多英が金メダルを獲得した。

 今回はモーグル、エアリアル、ハーフパイプ、スキークロス、スロープスタイルに加え、ビッグエアと男女混合のエアリアル団体が採用された。

主な見どころ

 男子モーグルでは、2017年世界選手権優勝の堀島行真に注目。18年平昌五輪金メダルの絶対王者、ミカエル・キングズベリー(カナダ)らを破り、日本男子初の金メダルを獲得できるか。平昌銅メダリストで競輪との「二刀流」に挑戦している原大智は2大会連続の表彰台が懸かる。

 平昌五輪でわずか1人の出場にとどまった日本女子は、昨季ワールドカップ(W杯)種目別2位で17歳の川村あんりを筆頭に、選手層が厚くなった。メダル争いは混戦だが、平昌金のペリーヌ・ラフォン(フランス)が頭一つ抜けている。

 男子スキークロスの須貝龍は昨季W杯で、自身初の表彰台となる2位。五輪種目に採用された10年バンクーバー大会以降では日本勢初の快挙だけに、メダル獲得の期待も高まる。

競技方式

 参加選手枠は男女各142人の計284人で、種目によって出場枠は25人から32人と異なる。1カ国・地域では最大30人、個人種目は4人まで、団体は1チームが出場できる。出場資格は、2021年世界選手権やワールドカップ(W杯)の成績などを基にした2022年1月17日発表のランキング上位者らが獲得。

 着順やタイムを競うスキークロス以外は採点競技。

 ▽モーグル

 コブが連続した急斜面を滑り降り、途中2カ所のエア(ジャンプ)で演技を行う。ターンとエアを採点し、タイムによる得点を加えた合計で順位を決める。満点は100点で、得点構成は審判5人によるターン60%(最高点と最低点を除いた合計)、同2人によるエア20%(2人の平均点)、滑走タイム20%。

 競技は予選(2段階)と決勝(3段階)で、各段階で選手は1回滑る。予選1回目では10位タイまでが決勝に進出。さらに残りの選手で2回目を行い、1回目進出を含め計20人が決勝に進む。決勝は1回目で上位12人が勝ち上がり、2回目の上位6人が最終の3回目に進む。予選の得点は決勝に持ち越されない。スタート順は予選が抽選、決勝は直前の回戦の成績下位から滑る。

 同点の場合はターンの得点、難易度を除いたエアの得点、タイムなどの順に比較して順位を決める。

 ▽エアリアル

 (1) 個人

 キッカーと呼ばれる反り返ったジャンプ台でストックを使わずにジャンプし、空中での技や高さなどを競う。5人の審判がエア、フォーム、着地を計10点満点で採点し、それぞれの要素で最高と最低を除いた3人の合計点に難易度を掛けたものが得点となる。得点比率はエアが20%、フォーム50%、着地30%。

 競技方式は予選(2段階)と決勝(2段階)。試技は決勝1回目のみ2回、その他は1回。予選は1回目で6位タイまでが決勝に進出。さらに残りの選手で2回目を行い、1回目進出を含め計12選手が決勝に進む。決勝の1回目は試技2回の高い方の得点を採用し、6位タイまで2回目に進む。スタート順は予選が抽選、決勝は直前の回戦の成績下位から。

 同点の場合は難易度を除いた得点、エアとフォームの得点などの順に比較して順位を決める。

 (2) 混合団体

 新種目。1チーム男女混合の3人(補欠は男女各1人)で編成。各チーム1人目は女子が試技をする。予選はなく、決勝を2段階で行う。試技は各1回。採点方法は個人戦と同じで、3人の合計得点で争う。決勝1回目の上位4チームが2回目に進む。得点は持ち越さない。同点の場合は各試技順の内容、個人の最高得点などの順に比較して順位を決める。

 ▽スキークロス

 ジャンプやウエーブと呼ばれる連続した起伏、バンクと呼ばれる角度の付いたカーブセクションなどが設置されたコースを滑る。タイムによりトーナメントのシード順を決める予選は全選手が1人で滑る。1回戦からは各レース4人で競い、コース取りなど駆け引きが重要となる。1回戦以降は各レース上位2人が次戦に進出。5~8位決定戦も行われる。同着の場合は準決勝までは予選の成績で順位を決め、決勝と5~8位決定戦は同順位となる。

 ▽ハーフパイプ

 長さ約160メートル、幅18~20メートル、平均斜度18度、壁の高さ最大6.7メートルの半円筒状のコースで両側の壁を往復しながら演技し、ジャンプの高さや回転技、着地などを6人の審判が1人100点満点で採点、最高点と最低点を除いた4人の平均点が得点となる。予選は2回、決勝は3回滑り、それぞれ最も高い得点が採用となる。予選の上位12人が決勝に進む。決勝のスタート順は、予選の成績下位から。

 ▽スロープスタイル

 形状の異なる複数のジャンプやレール、ボックス、テーブルなどレイアウトされたバラエティーに富んだコースからいくつかのアイテムを選択し、演技しながら滑走して得点で競う。全体の印象、高さ、難易度、完成度、多様性、流れなどの観点から採点し、順位を決定する。

 コースは6部門に分かれ、前半はジブと呼ばれるレール状のアイテムなど三つ、後半はジャンプ台が三つ設置される。審判は9人。部門ごとに採点するトリックジャッジ6人(2部門ごとに2人1組で担当)と演技全体を採点するオーバーオールジャッジ3人に分かれる。採点は100点満点で、得点の配分は概ねトリック60%、オーバーオール40%。予選は2回、決勝は3回滑り、それぞれ最も高い得点が採用される。スキーは前後両方向に滑走可能な形状になっており、後ろ向きからのジャンプもある。予選の上位12人が決勝に進む。決勝のスタート順は、予選の成績下位から。

 ▽ビッグエア

 新種目。斜度20度以上で30~40メートルの助走がある斜面を滑り降り、キッカーと呼ばれる踏み切り台からジャンプ、空中でエアの技術を披露する。スノーボードでは前回の平昌大会から採用された。

 6人の審判が1人100点満点で採点し、最高点と最低点を除いた4人の平均点が得点となる。転倒すると、最大30点の減点となる。予選は2回のうち高い得点、または3回のうち高い方から2回の合計得点が採用され、上位12人が決勝へ進む。決勝は3回の試技で高い方から2回の合計得点で順位を決める。決勝のスタート順は1、2回目が予選の成績下位から演技し、3回目は2回目終了時点の下位から。

競技紹介本文は時事 Copyright © JIJI PRESS Ltd. All Rights Reserved.
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、今後の大会日程は変更になることがあります

フリースタイルスキー 新着ニュース

オリンピック 新着ニュース