文字サイズ
    “やれる気” 心を動かす言葉のチカラ

    あの一言が心を動かした! 東京五輪1000日前イベント、30日に都内で

     「僕は花を咲かせる土になりたい」「声は人なり」――。スポーツの現場に息づく、プレーヤーを輝かせる言葉。今月30日に東京・大手町で開催されるイベント「“やれる気” 心を動かす言葉のチカラ」(読売新聞社、日本テレビ放送網主催)では一流選手らを奮起させた珠玉の一言やスポーツ中継を盛り上げる名実況をテーマに、元オリンピック代表選手やアナウンサーらが語り合い、「言葉」の持つ力をとことん探る。2020年の東京オリンピック開幕まで、28日であと1000日。世界的祭典の到来を前に、スポーツを舞台にした人間ドラマの面白さを知り、言葉のチカラを実感する好機となりそうだ。

    • 萩原智子さん
      萩原智子さん
    • 伊藤華英さん
      伊藤華英さん

    「もっと自分を褒めて」「自分は騙せない」

     イベントの第一章「“やれる気”を引き出す言葉のチカラ」では、元NHKアナウンサーで現在はフリーの松本和也さんが司会役。シドニーオリンピック競泳日本代表の萩原智子さん、北京・ロンドンオリンピック競泳日本代表の伊藤華英さんから話を聞く。萩原さんは、オリンピックでメダルを逃した悔しさでマイナス思考だった時に、北島康介さんから「頑張ってるじゃん。もっと自分を褒めてあげて」と声をかけられ、はっとしたという。現役時代のコーチに、「他人は(だま)せても、自分は騙せない」と言われ教訓になったという伊藤さん。一流アスリートでしかわからない本音も飛び出しそうだ。

    • 松本和也さん
      松本和也さん
    • 山田雅人さん
      山田雅人さん

     第二章「スポーツ名場面と実況の裏側~心を動かす言葉のチカラ~」ではタレントの山田雅人さんが司会となり、日本テレビアナウンサーの鈴木健さん、元ニッポン放送アナウンサーで現在はフリーの松本秀夫さん、元アメリカンフットボール選手・TBSアナウンサーで現在フリーの有馬隼人さん、フリーアナウンサーの近藤祐司さんがトーク。「選手の宝物になるような実況」を心がける鈴木さんや、新人時代に「声は人なり」と先輩から教わった松本さんらから、実況場面での興味深いエピソードが語られる。

     第三章は山田さんによるひとり舞台「山田雅人~かたりの世界~」。

    「“やれる気” 心を動かす言葉のチカラ」


    日時 10月30日(月) 18:30~21:00(18:00開場)
    会場 よみうり大手町ホール(東京都千代田区大手町1-7-1)
    定員 500人
    チケット 3500円(税込み、全席指定)
    問い合わせ ノビテク内イベント事務局(03・5844・1144)
    申し込み Peatixのページから→yareruki.peatix.com
    主催 読売新聞社、日本テレビ放送網
    企画 株式会社ノビテク

    2017年10月25日 14時26分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    ハウステンボス旅行など当たる!夏休み特集