文字サイズ

    パラトライアスロンに転向、谷真海V…横浜大会

     トライアスロン・世界シリーズ横浜大会(12日・横浜市山下公園周辺特設会場)――女子は高橋侑子(富士通)が1時間56分59秒で日本勢最高の15位だった。

     フローラ・ダフィ(バミューダ諸島)が前回に続いて優勝した。男子はマリオ・モーラ(スペイン)が3連覇し、日本勢は小田倉真(三井住友海上)の32位が最高。パラトライアスロンの部は、女子座位(PTWC)で土田和歌子(八千代工業)が、女子立位(PTS4)は谷(旧姓・佐藤)真海まみ(サントリー)がそれぞれ連覇した。

    2018年05月13日 00時14分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP