パラ・パワーリフティング、2階級で日本新記録

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 パラ・パワーリフティングのアジア・オセアニア選手権が10日、北九州市で開かれ、日本勢は2階級で日本新記録を出した。

 男子72キロ級の樋口健太郎が165キロ、女子67キロ級の森崎可林かりんが50キロの試技に成功し、それぞれ日本記録を更新した。樋口、森崎は10月にインドネシアのジャカルタで開かれるアジアパラ大会の日本代表に選ばれている。

 同選手権は12日まで行われる。

40355 0 ニュース 2018/09/10 18:49:00 2018/09/10 18:49:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ