アジアパラ大会、バド世界1位の鈴木亜弥子快勝

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジャカルタ=畔川吉永】アジアパラ大会は大会4日目の9日、バドミントン女子シングルス(上肢障害SU5)で、世界ランク1位の鈴木亜弥子(七十七銀行)がインドネシア選手に2―0で勝利した。

 5人が総当たりで対戦する方式でメダルを争う。鈴木は地元ファンの声援を受けた相手を冷静に下した。この試合が今大会の初戦だったが、「風や照明(の位置)などを確認しながら戦った」と試合運びは落ち着いていた。ライバルの中国選手との対戦が金メダル奪取へのカギになると見ていて、「互いに成長している中で、私が勝って優勝したい」と意気込みを見せた。

43698 0 ニュース 2018/10/09 15:41:00 2018/10/09 15:41:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ