文字サイズ

    車いすバスケ、日本女子が決勝進出…アジアパラ

     【ジャカルタ=畔川吉永】アジアパラ大会は10日、車いすバスケットボールの女子準決勝が行われ、日本が96―27でイランを破り、決勝進出を決めた。

     日本はこの試合、これまで控えだった選手らが活躍。今大会、唯一得点がなかった財満いずみ(つくば国際大)が決めて、チーム全体が盛り上がる場面もあった。財満は「(得点は)味方からのナイスパスがあり、自分は打つだけだった」と振り返った。

     12日の決勝では、今年の世界選手権で4位に入り、前回2014年の韓国・仁川インチョンアジアパラ大会金メダルの中国と対戦する。日本は前回大会は銀メダル。財満は「チームは良い方向に向かっている。中国戦でも、自分がやるべきことを淡々とやりたい」と決戦を見据えた。

    2018年10月11日 08時40分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR情報
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP