車いすバスケ男子、日本はイランに敗れ準優勝

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジャカルタ=畔川吉永】アジアパラ大会は大会最終日の13日、車いすバスケットボール男子の決勝が行われ、日本はイランに66―68で敗れ、準優勝だった。

 第1クオーターは主将の豊島英(WOWOW)らが得点を重ねて、日本がリードを奪った。だが、その後は今年の世界選手権でベスト4に入ったイランに押され、試合終了間際に勝ち越された。藤本怜央(SUS)は「僕たちのバスケを100%出せた。世界レベルのチームと互角に戦ったことが収穫になる」と話した。

44496 0 ニュース 2018/10/13 20:20:00 2018/10/13 20:20:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ