大分国際車いすマラソン、マルセル・フグ優勝

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

優勝したマルセル・フグ(右)と2位でゴールする鈴木朋樹〈2〉(18日)=秋月正樹撮影
優勝したマルセル・フグ(右)と2位でゴールする鈴木朋樹〈2〉(18日)=秋月正樹撮影
優勝したマルセル・フグ(18日、大分市で)=秋月正樹撮影
優勝したマルセル・フグ(18日、大分市で)=秋月正樹撮影

 大分国際車いすマラソンが18日、大分市で行われ、男子T34/53/54クラスはマルセル・フグ(スイス)が1時間23分59秒で7回目の優勝を飾った。日本勢は鈴木朋樹(トヨタ自動車)が2位に入った。女子T34/53/54クラスは喜納きな翼(タイヤランド沖縄)が1時間39分36秒で2016年大会に続く2回目の優勝。鈴木、喜納らは来年行われる世界選手権の代表に内定した。

50015 0 ニュース 2018/11/18 16:24:00 2018/11/18 16:24:00 大分国際車いすマラソン大会で優勝したマルセル・フグ選手(右)と2位の鈴木朋樹選手(18日、大分市の市営陸上競技場で)=秋月正樹撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181118-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ