「若手に負けられない」…優秀賞 スキー 新田佳浩

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

優秀賞のトロフィーを受け取る新田佳浩(中央)(11日)=吉川綾美撮影
優秀賞のトロフィーを受け取る新田佳浩(中央)(11日)=吉川綾美撮影

 冬季パラ6大会連続出場の新田は事務局推薦で候補に入り、優秀賞を手に入れた。表彰式では「私の力だけではなく、家族、チームメート、今まで支えてくれた皆様の力があったから」と周囲への感謝を述べ、喜びをかみしめた。

 2大会ぶりのパラリンピック金メダルの快挙に加え、日本選手団を支えたリーダーの役割も評価された。今季ワールドカップ(W杯)では、同じチームの川除大輝(17)が2度表彰台に立ち、「若手が伸びてきたのはうれしいが、僕も負けられない」と意欲をかき立てた。

 「まずは目の前の目標を一つ一つクリアすること」。慎重な姿勢だが、衰え知らずの38歳は次回北京大会挑戦も視野に入れているはずだ。(畔川吉永)

無断転載禁止
19228 0 トピックス 2019/01/12 15:04:00 2019/01/21 13:03:44 日本パラスポーツ賞・優秀賞のトロフィーを受け取る、スキーの新田佳浩選手(中央)(11日午前11時29分、東京都目黒区で)=吉川綾美撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190112-OYT8I50002-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ