「東京の先まで」…新人賞 水泳 宇津木美都

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

日本パラスポーツ賞で新人賞を受賞し、あいさつする宇津木美都(11日)=佐々木紀明撮影
日本パラスポーツ賞で新人賞を受賞し、あいさつする宇津木美都(11日)=佐々木紀明撮影

 新人賞の宇津木は受賞の喜びを語りながら、大きな夢を明かした。「今年の世界選手権、来年の東京パラリンピックを目指して頑張り、(続く)パリ、米ロサンゼルス大会でも活躍したいので、練習を頑張ります」。無限の可能性を秘めた15歳らしい、率直な思いだった。

 昨年は3歳から始めた水泳の成果が結果につながった年だった。アジアパラ大会の女子100メートル平泳ぎで念願の金メダルを獲得。今年7月開幕の世界選手権では、ライバルひしめく同種目で「銀メダルが目標」。挑戦は始まったばかりだ。

19222 0 トピックス 2019/01/12 15:02:00 2019/01/21 13:03:46 日本パラスポーツ賞で新人賞を受賞し、あいさつする競泳の宇津木美都選手(11日午前11時35分、東京都目黒区で)=佐々木紀明撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190112-OYT8I50003-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ