文字サイズ

4競技30露選手「NPA」で参加へ…平昌パラ

 【ロンドン=風間徹也】国際パラリンピック委員会(IPC)は26日、3月9~18日に行われる平昌ピョンチャンパラリンピックに「中立のパラリンピック選手(NPA)」として個人資格での参加を承認した4競技30人のロシア選手を発表した。

 前回ソチ大会の69人から大幅減となった。

 内訳はアルペンスキー10人、ノルディックスキー距離12人、車いすカーリング5人、スノーボード3人で、今後、増える可能性がある。大会の半年前から2回以上の検査を行うなどして潔白が証明された。NPA(Neutral Paralympic Athletes)は表彰式などでロシア国旗と国歌を使えず、パラリンピックの旗と賛歌を用いる。

2018年02月27日 19時50分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

日本のメダル獲得数

日本人メダリスト
  • 金:3
  • 銀:4
  • 銅:3

3月18日14時現在