ニュース

広瀬隆喜、東京パラ・ボッチャの代表に内定…日本選手権制す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

BC2決勝で対戦し、優勝した広瀬隆喜(左)と準優勝の杉村英孝(22日)=尾賀聡撮影
BC2決勝で対戦し、優勝した広瀬隆喜(左)と準優勝の杉村英孝(22日)=尾賀聡撮影

 ボッチャ・日本選手権最終日(22日・愛知スカイホール豊田)――東京パラリンピック代表選考を兼ね、男女共通個人の各クラス決勝が行われ、脳性まひBC2は広瀬隆喜(西尾レントオール)が優勝し、4大会連続となるパラ代表に内定した。脳性まひBC1は中村拓海(愛徳福祉会)、脳性まひ・運動機能障害BC3は河本圭亮(東郷町施設サービス)、運動機能障害BC4は江崎駿(法大)が制し、それぞれ初の代表に内定した。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
965270 0 東京パラリンピック2020速報 2019/12/22 16:46:00 2020/01/23 12:59:11 日本ボッチャ選手権大会、投球するBC2優勝の広瀬隆喜(左)と準優勝の杉村英孝(22日、愛知県豊田市で)=尾賀聡撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191222-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

「ボッチャ」のニュース

パラリンピック 新着ニュース