ニュース

富田宇宙、初のパラ競泳代表に…鈴木孝幸は5大会連続で内定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

富田宇宙の男子400メートル自由形決勝での泳ぎ(21日)=泉祥平撮影
富田宇宙の男子400メートル自由形決勝での泳ぎ(21日)=泉祥平撮影
ジャパンパラ水泳競技大会 男子200メートル自由形決勝、力泳で派遣基準記録を突破した鈴木孝幸(21日、横浜国際プールで)=泉祥平撮影
ジャパンパラ水泳競技大会 男子200メートル自由形決勝、力泳で派遣基準記録を突破した鈴木孝幸(21日、横浜国際プールで)=泉祥平撮影

 パラ競泳・ジャパンパラ競技会第1日(21日・横浜国際プール)――東京パラリンピック代表選考を兼ねて行われ、男子400メートル自由形(視覚障害S11)は富田宇宙(日体大大学院)が予選で派遣基準記録を突破する4分33秒26をマークし、初の代表に内定した。男子200メートル自由形(運動機能障害S4)決勝は鈴木孝幸(ゴールドウイン)が2分57秒35で、5大会連続となるパラ代表入りを決めた。男子100メートル平泳ぎ(知的障害)では、すでに代表に内定している山口尚秀(四国ガス)が予選で1分4秒00をマークし、自身の世界記録を更新した。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2069067 0 東京パラリンピック2020速報 2021/05/21 19:54:00 2021/05/22 01:23:14 ジャパンパラ水泳競技大会 男子400メートル自由形決勝で派遣基準記録を突破した富田宇宙(21日、横浜国際プールで)=泉祥平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210521-OYT1I50128-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「競泳(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース