ニュース

パラリンピック聖火リレー、8月17日に熱海スタート

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は28日、8月17~24日に行われる東京パラリンピック聖火リレーの詳細ルートを公表した。

 リレーは、パラの競技会場のある静岡、千葉、埼玉、東京の4都県で行われる。8月17日に静岡県熱海市の渚小公園でスタート。18日に千葉県、19日に埼玉県内を走り、20~24日は東京都の多摩地域や都心を巡り、渋谷区の代々木公園陸上競技場でゴール。聖火は24日夜の開会式で国立競技場(新宿区)にともされる。

 リレーは、走者が3人1組になって約200メートルを走ってトーチをつなぐ。ルートは障害者でも走りやすいように傾斜の少ない道が選ばれた。リレー走者は約1000人。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2085587 0 東京パラリンピック2020速報 2021/05/29 00:44:00 2021/05/29 00:44:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210528-OYT1I50159-T.jpg?type=thumbnail

「陸上(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース