ニュース

パラ競泳代表の14歳、山田「楽しく泳ぎたい」…エース木村は「残り2か月が勝負」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピック競泳代表の内定選手が5日、横浜市内で記者会見を行い、8月開幕の本番への意気込みを語った。

 14歳の中学3年生、山田美幸(WS新潟)は「ワクワクというか、楽しく泳ぎたいという思いがある」と語った。4大会連続出場のエース・木村敬一(東京ガス)は目標の金メダル獲得に向け、「100メートルバタフライがメインになると思う。泳ぎの精度をどこまで上げれるか、残り2か月が勝負になる」と述べた。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2103480 0 東京パラリンピック2020速報 2021/06/05 17:44:00 2021/06/05 20:59:08

「競泳(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース