ニュース

パラリンピックの聖火リレーランナー55人を発表…千葉

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 8月18日に千葉県内を走る東京パラリンピックの聖火リレーで、県が選考したランナー55人が21日、公表された。団体枠では、千葉市内を拠点とする車いすバスケットボールチーム「千葉ホークス」の選手らが選ばれた。

 8月18日に全54市町村で採火され、市原市の「市原スポレクパーク」に集められる。テコンドーや車いすフェンシングなどの4競技が行われる千葉市内では、ランナーが千葉ポートアリーナ周辺など約8キロを5区間に分けて走る。

 県選考のランナーは、3人1組で走る通常枠39人と、グループで走る団体枠18人の計57人。団体枠では千葉ホークスのほか、千葉大の学生らで組織する「学生団体おりがみ」と特別支援学校の生徒らが一緒に走る。

 各地の火は、8月20日に東京都内に集められ、21~24日に都道府県の代表がリレーする。県代表は、アテネとロンドン大会で車いすマラソンに出場した花岡伸和さん(45)が務める。

 7月1~3日に県内で予定されていた五輪の聖火リレーは、走行が中止された。県の担当者は「パラ聖火リレーの実施方法も、感染状況を踏まえて検討する」と話している。

スクラップは会員限定です

使い方
2144589 0 東京パラリンピック 2021/06/22 09:36:00 2021/06/22 09:36:00

「テコンドー(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース