ニュース

「金メダル以上」を目標に…パラ開幕まで50日、選手団旗手の岩渕が抱負

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 8月24日の東京パラリンピック開幕まで7月5日であと50日。日本パラリンピアンズ協会が4日、オンラインのトークイベントを開催し、日本代表選手らが抱負を語った。

岩渕幸洋
岩渕幸洋

 選手団旗手を務める卓球男子代表の岩渕幸洋(協和キリン)は「しっかりと大役に恥じないよう頑張りたい。試合では駆け引きに注目してほしい。『金メダル以上』を目標に掲げて臨みたい」と語った。

 車いすバスケットボール女子代表の柳本あまね(あいおいニッセイ同和損保)は、「東京パラ(開催)が決まって『絶対そこに立ちたい』と、憧れが目標になった。どんどん火がついて、応援してもらえる選手になりたいと思って、ここまできた」と、自身初の大舞台に意気込みを示した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2178187 0 東京パラリンピック2020速報 2021/07/04 16:23:00 2021/07/04 16:28:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210704-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「卓球(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース