ニュース

パラ馬術の宮路「妻がいたから代表に」…妻は「二人三脚の舞台、感謝している」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピックの馬術日本代表選手が7日、東京都内で記者会見を行い、主将の稲葉将(静岡乗馬クラブ、シンプレクス)は「(チームの)雰囲気は悪くない。各々がベストパフォーマンスで迎えればいい」と語った。

 日本は男子4選手が個人と団体戦に出場する。2016年リオデジャネイロに続き2大会連続出場を決めた63歳の宮路満英(リファイン・エクインアカデミー、セールスフォース・ドットコム)は妻・裕美子さんが経路を指示するコマンダーとして支える。宮路は「妻がいたから代表になった。感謝だけしかない」と話し、会見に同席した裕美子さんも「二人三脚の舞台。(パラに)行かせてもらって感謝している」と喜んだ。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2186748 0 東京パラリンピック2020速報 2021/07/07 15:46:00 2021/07/07 15:46:00

「馬術(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース