ニュース

高い戦略性、「オセロのように形勢逆転」も…ボッチャ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 イタリア語で「ボール」を意味するボッチャは、脳性まひで四肢障害がある人などを対象に考案された球技です。氷上でストーンを滑らせ、目標区域に入れて得点を競う「カーリング」とルールが似ていて戦略性が高く、「地上のカーリング」とも呼ばれます。選手たちはどのように戦っているのでしょうか。ルールや見どころを紹介します。

84年のパラリンピックで正式競技に

 日本ボッチャ協会などによると、1984年に米・ニューヨークで開かれたパラリンピックで正式競技となりました。日本では、ボッチャの存在を知った養護教諭が学校に持ち帰ったのが始まりといわれています。97年には日本ボッチャ協会が設立され、全国的に普及していきました。

ルール

ボッチャの競技大会で持ち球を投げる選手ら
ボッチャの競技大会で持ち球を投げる選手ら

 「ジャックボール」と呼ばれる白色の目標球に、対戦する両者が赤または青色の持ち球(計6球)をいかに近づけるかを競います。

 選手は障害の程度や種類によってBC1~BC4の4クラスに分けられ、個人戦やペア戦、3対3のチーム戦で戦います。

 先攻がまずジャックボールを投げ、続いて持ち球の投球を行います。その後で後攻が最初の投球を行い、それ以降は持ち球がジャックボールから遠い方が投球します。試合を行うコートの広さは長さ12・5メートル、幅6メートル。コート内にある「スローイングボックス」というエリアから投球します。

 先攻、後攻ともに6球ずつ投げ終えたら得点を計算します。ジャックボールに最も近いボールを投げた側に得点が入ります。相手の持ち球の中でジャックボールに最も近い球よりもさらにジャックボールに近い球の数が得点になります。例えば、相手よりもジャックボールに近い球が3つあれば、3点です。一連の流れを1エンドとし、個人戦とペア戦は4エンド、チーム戦は6エンド行います。カーリングと異なる点は、目標も動くことです。ジャックボールに持ち球を当てて動かすことができます。

ボッチャの競技大会でランプを使って投球する選手
ボッチャの競技大会でランプを使って投球する選手

 手で投げられない選手はボールを蹴っても構いません。手足が不自由で自力で投球できないBC3の選手は、滑り台のような道具「ランプ」を使って持ち球を転がします。選手は競技アシスタントに指示して、ランプの設置や調整をしてもらいます。ランプは高さを調整でき、高くすることでボールのスピードを速くして遠くまで転がしたり、コート上にあるボールをはじいたりすることができます。手でボールを押し出せない選手は頭や口に「リリーサー」と呼ばれる補助具を装着して、ボールを動かします。アシスタントは競技中、コートの様子を見ることは認められておらず、コートに背を向けています。

ボールをカスタマイズし、局面に応じて使い分け

 競技アシスタントの経験を持つ日本ボッチャ協会普及部の新井大基副部長によると、ボールの大きさや重さに規定はありますが、選手が持参したボールを使うことができます。規定では周長は262~278ミリ、重さは263~287グラムと幅をもたせてあり、材質や硬さは問われないため、障害やプレースタイルに応じてカスタマイズします。硬いボールは相手のボールを弾く際に使うなど、選手たちはボールの性質に応じて投げ分けています。湿度によってもボールの状態が変わるため、「細やかな調整が欠かせない」といいます。局面に応じて使いたいボールが手元に残っているかが重要となり、自陣や相手にどんなボールが残っているかで戦い方は変わるといいます。

ボッチャで使うボールの特徴について説明する新井さん
ボッチャで使うボールの特徴について説明する新井さん

 ジャックボールの位置取りでは、まず選手たちは近くに置く方がいいのか、遠い方がいいのか、どちらが戦いやすいかを考えます。遠い場所に置く場合、相手に遠くまで投げられるパワーがある選手がいるかどうかなどを判断します。

 戦術としては相手のコースをふさぐのが基本ですが、持ち球を転がさずに狙ったボールに直接投げつける「ロビング」と呼ばれる技を使う選手もいます。これにより、相手が配置した球を越えてジャックボールに当てるといったこともできます。新井さんは「最後はジャックボールの動かし方で決まる」といいます。不利な状況に見えても、ジャックボールを動かすことで「オセロのように形勢が逆転する」からです。一見、失投に見えたボールが実際には戦略的に配置してあることもあり、最後の一球まで勝敗が分からない面白さがあります。新井さんは「緊張感がある中で細かい作業をしている選手の集中力を見てほしい」と話します。

メダル

 日本は2008年の北京大会でパラリンピックに初出場しました。北京大会と12年のロンドン大会ではメダルに届きませんでしたが、16年のリオデジャネイロ大会では、BC1とBC2の選手によるチーム戦で初めて銀メダルを獲得しました。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2186940 0 東京パラリンピック2020速報 2021/07/08 10:00:00 2021/08/31 13:29:18 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/tt-boccha.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ボッチャ」のニュース

パラリンピック 新着ニュース