ニュース

パラ・ボッチャ代表の広瀬、本番仕様コートで追い込み「ロングショットも想定」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

自身の「広瀬ボッチャクラブ」を設立した東京パラリンピック・ボッチャ日本代表の広瀬隆喜(千葉県富津市で)
自身の「広瀬ボッチャクラブ」を設立した東京パラリンピック・ボッチャ日本代表の広瀬隆喜(千葉県富津市で)

 東京パラリンピック・ボッチャ日本代表の広瀬隆喜(西尾レントオール)が8日、千葉県富津市の強化拠点での練習を公開した。

 ショッピングモール内に東京大会本番でも使う床材「タラフレックス」を用いた専用コートを確保。今年1月から内容の濃い練習を積んでいて、「ゲーム形式でできるのがプラス。ロング(ショット)を想定したトレーニングもできる」と語った。

 4月には競技普及などを目指し、「広瀬ボッチャクラブ」を新設。専用コートを拠点にして、「体験会とか育成をやりたい。遠い学校とリモートでつないで、普及活動もやりたい」との構想を明らかにした。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2192104 0 東京パラリンピック2020速報 2021/07/09 08:47:00 2021/07/09 08:47:00 自身の「広瀬ボッチャクラブ」を設立した東京パラリンピック・ボッチャ日本代表の広瀬隆喜(千葉県富津市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210709-OYT1I50035-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ボッチャ」のニュース

パラリンピック 新着ニュース