ニュース

ボッチャ壮行試合、主将の杉村が抱負「全クラスメダル獲得に進んで行く」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ボッチャ日本代表の東京パラリンピック壮行試合は14日、東京・武蔵野総合体育館で行われ、リオデジャネイロ大会銀メダリスト同士の対戦では、杉村英孝(伊豆介護センター)が7―2で広瀬隆喜(西尾レントオール)に勝利した。

東京パラリンピック壮行試合後、新ユニホームを発表した日本代表(右端が主将の杉村英孝)(東京・武蔵野総合体育館で)
東京パラリンピック壮行試合後、新ユニホームを発表した日本代表(右端が主将の杉村英孝)(東京・武蔵野総合体育館で)

 脳性まひBC2のライバルの激突は、世界ランキング2位の杉村が同23位の広瀬から前半2エンドで7点を奪ってリード。残りの2エンドをうまくかわし、2失点でしのいだ。日本代表主将を務める杉村は試合後、「『(日本代表)火ノ玉ジャパン』は全クラスメダル獲得という目標へ、同じ方向を向いて取り組んで来ている。ゆるぎない目標に向けて進んで行くだけ」と語った。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2206625 0 東京パラリンピック2020速報 2021/07/14 18:06:00 2021/07/14 18:06:00 東京パラリンピック壮行試合後、新ユニホームを発表した日本代表(右端が主将の杉村英孝)(東京・武蔵野総合体育館で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210714-OYT1I50137-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ボッチャ」のニュース

パラリンピック 新着ニュース