ニュース

ガーナのパラ選手団感染、ホストタウン出迎え行事が中止…選手ら「濃厚接触候補者」でホテル待機

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピックのガーナ選手団で、新型コロナウイルスの感染者1人が判明したことを受け、ホストタウンとして受け入れる福島県猪苗代町は9日朝から対応に追われた。町関係者は「せっかく来てくれたのだから選手のために最善の努力をする」と話している。

ホテルに到着したガーナ選手団を迎える町関係者(9日、福島県猪苗代町で)
ホテルに到着したガーナ選手団を迎える町関係者(9日、福島県猪苗代町で)

 町の発表によると、ガーナ選手団10人(選手3人、スタッフ7人)のうち、パワーリフティングのスタッフの30歳代男性が感染した。

 男性は8日夜、成田空港に入国、9日未明に陽性と判定され、検疫所が指定した施設で療養している。

 残る9人は、内閣官房より、機内の座席位置から「機内濃厚接触候補者」に区分された。国が用意したバスで移動し、現在、宿泊先の「ホテルリステル猪苗代」に待機している。

 町は当初、前後公町長や町職員ら約30人で出迎え、選手団の紹介などを予定していたが、中止とし、10人ほどでガーナ国旗を振って迎えることに切り替えた。

 22日まで予定されていた合宿が実施できるかは、今後のPCR検査の結果次第だが、前後町長は「町として万全の体制で受け入れるという気持ちは変わらない。選手団がのびのびと競技に臨めるようにしたい」と強調する。

 同ホテルの月井英美総支配人も「一般客との接触がないよう、選手団の動線を決めるなど事前に準備は整っている」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2274110 0 東京パラリンピック 2021/08/10 14:48:00 2021/08/10 14:48:00 宿泊施設に到着したパラリンピックのガーナ選手団(9日午前8時4分、ホテルリステル猪苗代で)=丸山菜々子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210810-OYT1I50015-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

パラリンピック 新着ニュース