ニュース

パラ無観客 学校観戦に割れる判断、教育と感染対策の両立苦心

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 16日に開かれた東京パラリンピックを巡る4者会談では、原則無観客でも児童や生徒が観戦する「学校連携観戦プログラム」は行うことで合意した。競技会場のある東京、千葉、埼玉、静岡の4都県も実施する方針を示したが、市区町村には新型コロナウイルス感染拡大を理由に見送る動きもある。

 東京都の小池百合子知事は4者会談の終了後、報道陣の取材に応じ、学校連携観戦について「共生社会を目の前で体験する機会を生かしてもらいたい」と実施に向けた意欲を見せた。感染拡大防止のため、バスによる移動や保護者などへの意向調査などを行う考えも明かし、「様々な安全対策を図りながら進めていきたい」と強調した。

残り:909文字/全文:1199文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2289515 0 東京パラリンピック2020速報 2021/08/17 05:00:00 2021/08/17 05:00:00
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

パラリンピック 新着ニュース