ニュース

欧州勢に挑む63歳宮路、6位以内狙う…馬術[直前診断]

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

人馬一体となった演技を見せる宮路満英
人馬一体となった演技を見せる宮路満英

 馬術は欧州勢が強い競技で、パラリンピック日本代表の三木則夫監督は「団体としては6位、個人でメダルを一つ取りたい」と目標を語る。前回リオデジャネイロ大会で11位に終わった63歳の宮路満英(リファイン・エクインアカデミー)は、「まずは6位以内を目指す」と意気込む。

 日本中央競馬会(JRA)元騎手の高嶋 活士かつじ (ドレッサージュ・ステーブル・テルイ)は初のパラで上位を狙う。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2299242 0 東京パラリンピック 2021/08/20 05:00:00 2021/08/23 11:33:33 パラ馬術・全日本大会最終日。人馬一体となって演技する宮路満英選手。東京都世田谷区の馬事公苑で。東京パラリンピック2020+。開幕まで2か月、2大会連続の代表に決まった、最年長の宮路満英。海外の地で万全の新型コロナウイルス感染予防に努め長い遠征を無事に乗り切った。2021年6月25日朝刊「パラ開幕まで2か月 超ベテラン 海外で奮闘」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210819-OYT1I50174-T.jpg?type=thumbnail

「馬術(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース