ニュース

陸上車いす・伊藤智也、障害の軽いクラスに変更

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上車いすでパラリンピック3大会に出場し、24日開幕の東京大会でも金メダルが期待されている伊藤智也(58)(バイエル薬品)が、大会前の国際クラス分けで「T52」クラスから、障害の軽い「T53」に変更となったことが24日、分かった。

 パラ選手の障害の種類や程度を審査し出場種目を決めるクラス分けは通常、国際大会で行われる。新型コロナウイルスの影響で大会中止が相次いだことを受け、国際パラリンピック委員会(IPC)が救済措置としてパラ直前に東京で実施。難病の多発性硬化症による障害がある伊藤をはじめ、クラスが未確定だった116選手が対象となっていた。

 IPCは24日、陸上と自転車で2選手のクラスが変更になったと発表した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2310211 0 東京パラリンピック 2021/08/24 13:08:00 2021/08/24 13:08:00

「新型コロナ」のニュース

パラリンピック 新着ニュース