ニュース

14歳山田「銀」…競泳 100メートル背泳ぎ 最年少メダル パラ日本勢1号

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

鈴木「銅」 50メートル平泳ぎ

 東京パラリンピックは第2日の25日、競技がスタートした。競泳女子100メートル背泳ぎ(運動機能障害)で、日本選手団最年少の山田美幸(14)(WS新潟)が2分26秒18で銀メダルに輝いた。今大会の日本勢第1号のメダルで、夏季、冬季を通じて日本選手として史上最年少メダリストとなった。

 競泳男子50メートル平泳ぎ(運動機能障害)では、鈴木孝幸(34)(ゴールドウイン)が49秒32で銅メダルを獲得。ゴールボールは男女の1次リーグがスタートし、初出場でA組の日本男子がアルジェリアを13―4で破った。

「100点満点」

銀メダルの感触を確かめる山田美幸(25日、東京アクアティクスセンターで)=泉祥平撮影
銀メダルの感触を確かめる山田美幸(25日、東京アクアティクスセンターで)=泉祥平撮影

 疲れているはずの後半に入っても、山田のペースは落ちなかった。両腕を使い豪快に泳ぐ隣のレーンのライバルに食らいつき、3位以下を大きく引き離してゴールした。「(銀メダルに)とても、びっくりしています」。笑顔がはじけた。

 先天性の四肢欠損で両腕がなく、両脚の長さが違う。競泳はぜんそく克服のために5歳で始めた。10クラスある運動機能障害で2番目に重いクラスで戦う。

 キック力を鍛えるのはもちろん、肩周辺の筋肉を巧みに旋回させる技術を磨いた。頭の向きを微妙にずらして体の傾きを修正し、進む方向を調整する能力も身につけた。「ない」ことを嘆くよりも「ある」ものを徹底的に突き詰めてきた。

 競技初日に、パラ初出場の、今大会の日本選手団で最も若い中学3年生が活躍した。「自分の中で100点満点」と山田。選手団全体に勢いを与える快挙だった。(畔川吉永)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2314878 0 東京パラリンピック2020速報 2021/08/26 05:00:00 2021/08/26 06:16:27 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/t-yamada.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ゴールボール」のニュース

パラリンピック 新着ニュース