ニュース

44歳の和田伸也、パラ陸上5000で「銅」…終盤に順位上げる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピックは第4日の27日、陸上競技が始まり、男子5000メートル(視覚障害T11)決勝で、和田伸也(44)(長瀬産業)が15分21秒03で銅メダルを獲得した。唐沢剣也(27)(群馬県社会福祉事業団)が15分18秒12で銀メダル。

陸上男子5000メートルで力走する和田伸也(左端)。右端は唐沢剣也(27日)=鈴木毅彦撮影
陸上男子5000メートルで力走する和田伸也(左端)。右端は唐沢剣也(27日)=鈴木毅彦撮影

 和田はスタート直後から5番手前後をキープ。前方の唐沢らをマークしながら終盤に順位を上げ、3位に食い込んだ。

 和田は大阪府東大阪市出身。大学在学中に網膜色素変性症と判明した。トラックとマラソンの二刀流で実績を残し、2012年ロンドン・パラリンピックでは、5000メートルで銅メダル、マラソンでも5位。続く16年リオデジャネイロ・パラでもマラソン5位、1500メートルと5000メートルで6位に入った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2318632 0 東京パラリンピック2020速報 2021/08/27 10:40:00 2021/08/27 10:48:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/t-wada.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース