ニュース

[RULES]五輪の半分 戦略も多彩…トライアスロン

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 五輪のトライアスロンと同じく、スイム(水泳)、バイク(自転車)、ラン(長距離走)を連続で行い、合計タイムで順位を競う。パラリンピックでは2016年リオデジャネイロ大会から正式競技になった。

 距離は五輪のちょうど半分で、スイム750メートル、バイク20キロ、ラン5キロの計25・75キロ。障害によってクラス分けがあり、東京大会では座位、立位、視覚障害の男女各4クラスが実施される。

座位クラスのバイクは、あおむけになって手でこぐ「ハンドサイクル」を使う
座位クラスのバイクは、あおむけになって手でこぐ「ハンドサイクル」を使う

 座位クラスは、バイクではあおむけになって手や腕の力を使ってこぐ「ハンドサイクル」、ランでは競技用車いすを使う。上下肢の切断など肢体不自由な選手が出場する立位クラスでは、バイクやランで障害に応じて義足などの補装具を使用することができ、バイクの改造も認められている。

視覚障害クラスでは、伴走するガイド(右)が選手の「目」の役割を果たす
視覚障害クラスでは、伴走するガイド(右)が選手の「目」の役割を果たす

 視覚障害のクラスでは、選手と同性のガイドが選手の「目」となってレース全体を通して伴走し、パートナーをゴールに導く。バイクでは2人乗り自転車を使用し、ガイドが前、選手が後ろに乗ってこぐ。

 他競技から転向する選手もおり、得意種目が異なる。先行、追い上げとレース戦略は様々で、順位の入れ替わりが激しく、勝負は最後まで分からない。

障害重い選手 サポート役配置

  ◆ハンドラー= 車いすを使用するなど比較的障害の重い選手をサポートする競技パートナー。種目間の切り替え(トランジション)でウェットスーツを脱がせたり、バイクへの乗り込みを支援したりする。選手の要望を事前に把握し、素早く対応することが求められる。

  ◆トランジション= スイムからバイク、バイクからランへ移り変わる過程。ウェアや義肢の着脱、競技器材への乗り換えを行う。この時間も記録に加算されるため、タイムへの影響は大きく、順位が入れ替わることもあることから、「第4の種目」とも呼ばれる。

スクラップは会員限定です

使い方
2319090 0 東京パラリンピック 2021/08/27 15:00:00 2021/08/27 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210827-OYT1I50103-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「自転車(パラ)」のニュース

パラリンピック 新着ニュース